Eclipseではじめてのサーブレット(実行編)

新規作成でServletを選択する

File→Newを選択したあとServletというのがあればいいのですが、はじめての場合は出てきてない可能性があります。Otherを選びます。

WebのグループにServletというのがあるはずです。それを選択します。

サーブレットの名前を入力します。

以下のようなソースコードが書かれたファイルが作成されます。

簡単なプログラムを書いてみる

doGetメソッドのところに下記を書いてみましょう。

  public void doGet (HttpServletRequest request, HttpServletResponse response)throws ServletException, IOException {      response.setContentType("text/html; charset=Shift_JIS");

PrintWriter out = response.getWriter();

     out.println("<html><body>");     out.println("<h1>Hello World!</h1>");     out.println("<p>Servletのサンプル!!</p>");     out.println("</body></html>");
    out.close();   }

コンパイル&実行する

サーブレットファイルの上で右クリック→Debug As → Web Application を選択

実行すると、下記のような表示が下部にでてきます。ここをクリックするとブラウザが立ち上がり、GWTのサンプルプログラムが起動します。

ブラウザが起動しGWTのサンプルプログラムが下記のように表示されます。

自分が作成したサーブレットのURLに書き換えます。URLを/testserv にします(ここの記述は、サーブレットの名前により異なりますが、クラス名と同じはずです)。

上記のような画面がでたら成功です。