GWT利用のための初期設定など

【NetBeans】
初期設定 
Nebeansでは、GWT4NBと呼ばれるサードパーティーのプラグインを設定することで、容易にGWTを利用することができます。
  • GWT4NBのサイトから最新版ファイルをとってくる。
  • ダウンロードするとファイルの拡張子がzipになっている場合があるので、nbmと変更する。
  • 【ツール】→【プラグイン】→【ダウンロード済み】→【プラグインの追加】の操作により、ダウンロードしたファイルを読み込ませる
なお、GWT4NBは更新ペースが遅く、GWTやNetbeansのバージョンに対応できないときがありちょっと不安定な環境です。この問題があり、おちラボではNetbeansの利用を躊躇しています(この問題さえクリアすれば最高ですが)。

プロジェクトの作成方法
  1. プロジェクトは、ウェブアプリケーションを指定します。
  2. Frameworkにおいて、Google Web Toolkitを選択。
  3. ダウンロードしたGWTライブラリのディレクトリを指定します。
なお、Introduction to the Google Web Toolkit Framework にも参考にしてください。


【Eclipse】
環境設定
Eclipseの場合は、Googleが公式でプラグイン(Plugin for Eclipse)を用意していますので安心です。公式サイトよりプラグインを入手してください。このプラグインを入れることで、GAEも含めてSDKがすべて入ります。なお、GWTDesignerというのがちょっとおすすめですので、いっしょに入れておきましょう。

プロジェクトの設定方法
(GAEアプリとして使う場合)
  • 普通につかえますので省略

(GAE以外のサーバ環境で使う場合)

ちょっと面倒です。
  1. プロジェクトをDynamic Web appliation として作成
  2. Project → Propertiesを開き、ライブラリにGoogle Web ToolKitを追加
  3. つづけてOrder and ExportでGWT-SDKを上位にmoveする(おまじないです)
  4. さらにWeb ToolKitの項目でGWTを有効にする。ここまででPropertiesを閉じる
  5. プロジェクトにGWTModuleを追加(File→New→Other→ Google Web Toolkit にあります)
  6. プロジェクトにEntry Point Classを追加(File→New→Other→ Google Web Toolkit にあります)
  7. プロジェクトにスタート用HTMLファイルを追加(File→New→Other→ Google Web Toolkit にあります)
    #実はこの生成ファイルにバグがあり、このままでは動かないですね。記述を変更する必要があります
いちおうここまでで環境整備は整いますが、実際のコンパイルの仕方にちょっと工夫があります。下記の点を気をつけて下さい。
  • GWTのDevcelopment Modeはいちおう有効。Debug asやRun asでGoogleマークのWebApplicationを選択すればGWTはDevModeで立ち上がるようです。
  • サーバ部分は普通にTomcatなどのサーバを起動しておく必要があります
  • GWTのコンパイルは、GWTCompileを実行しないとダメということは理解しておいてください。



Comments