ラボ講座‎ > ‎Visual C#講座‎ > ‎

コントロールを使いこなす


Labelのサイズを自由に変更する
デフォルトではラベルのサイズは自由に変更できませんので、
  • プロパティのAutoSizeをFalse
にすることで、自由に変更できます。


DateTimePicker(カレンダー)関連
string strDate = "2012/12/12";
dateTimePicker1.Text = strDate;

//こういう方法もあり
dateTimePicker1.Value = new DateTime(2001, 10, 20);

  現在の日付を取得する(DateTimeクラス)
 DateTime dtToday = DateTime.Today;

時間の計算(TimeSpanクラス)
//startTimeとendTimeはそれぞれDateTimeクラス
TimeSpan tSpan = endTime-startTime;

コンボボックス
値の追加
comboBox1.Items.Add("山田");
comboBox1.Items.Add("田中");
値の参照
string txt = comboBox1.SelectedItem.ToString();
クラスを用いて値を追加 推奨
  各項目に関する情報を管理するデータクラスを作る
public class MyComboBoxItem
    {
        private string _id = "";
        private string _name = "";
        //コンストラクタ
        public MyComboBoxItem(string id, string name)
        {
            _id = id;
            _name = name;
        }
        public string Id
        {
            get
            {
                return _id;
            }
        }
        public string Name
        {
            get
            {
                return _name;
            }
        }
       public override string ToString(){
            return _name;
     }
    }
データクラスを格納する
   MyComboBoxItem item;
   item = new MyComboBoxItem("001", "山田");
   comboFruit.Items.Add(item);
   item = new MyComboBoxItem("002", "田中");
   comboFruit.Items.Add(item);
リストボックス
選択されている項目
string result = ListBox1.SelectedItems[i]);

複数選択の場合

Console.WriteLine("選択されているすべての項目:"); 
for (int i = 0; i < ListBox1.SelectedItems.Count; i++) { 
     string result = ListBox1.SelectedItems[i]);
 }

サブページ (1): DataGridView
Comments