ラボ講座‎ > ‎Visual C#講座‎ > ‎

アプリケーション設定の保存方法(Visual Studio 2005以降)

ソフトウェアアプリケーションでは、そのアプリケーション固有のちょっとした設定情報などを管理することが多々あります。例えばライセンス情報であったり、ユーザ固有の情報であったり。。。一般的にはそれをテキストファイルに保存しておくという方法がありますが、そのファイルの保存や読み出しなどの処理を自前で書いておく必要があります。それは難しいことではないですが、面倒なことです。C#では、そういった枠組みを言語的に持っています。それが、Propertiesです。

設定ファイル本体
アプリケーション構成ファイル(app.config)というファイルが自動的に作成されます。ファイルの実態はXMLです。しかし、このXMLの構造や操作を特に意識する必要はありません。

設定(書き込み・読み込み)方法

設定画面で変数を登録する
プロジェクトのプロパティから、「設定」を呼び出します。ここで設定する内容は、「変数名」「型」「初期値(もしあれば)」

コードで呼び出す

//設定nameの値を変更
Properties.Settings.Default.name = "おちラボ";

//アプリケーションの設定を保存する(これを忘れない)
Properties.Settings.Default.Save();

//設定の呼び出し
string name = Properties.Settings.Default.name;

Saveを呼び出さないと保存されませんので注意してください。








Comments