ラボ講座‎ > ‎Java講座‎ > ‎

日本語文字コード設定に注意

近年のJavaプログラミングでは日本語のデフォルトエンコーディングコードはUTF-8 が標準です。
過去に作られたファイルを開けたら文字化けして表示されることが ありますが,それは文字コード設定が異なっているからです。設定を変更する必要があります。

おちラボではUTF-8 をデフォルトのコードとしますので、下記の設定を含め文字コードには注意してください。

各種IDEでの設定方法は以下のとおり。
【Eclipseの場合】
  • メニューバー 【Project】→【Properties】
  • Resourcesを選択
  • Text file encoding をUTF-8に変更する
【Netbeansの場合】

【コンパイルオ プションを-encoding UTF-8 にする】
プロジェクト名の上で右クリック→プロパティ→ソースのコンパイラというところで コンパイルオプ ションを設定可能。

【ServletソースのエンコーディングもUTF-8 とする】
Servlet ファイルについてもファイルプロパティで
【ツール】→【オプション】→【編集】→【Javaソース】 でデフォルトエンコーディング:UTF-8とする.




Comments