ラボ講座‎ > ‎Java講座‎ > ‎

デザインパターン入門

デザインパターンとは一言でいえば、
  • プログラムテクニックの定石的なパターンに名前をつけたもの
となります。クラスの使い方や構成方法についての定石になります。処理そのものを表現するアルゴリズムよりもレベル(階層)がひとつ上になります。デザインパターンには、20種類以上のパターンがあります。

なぜ、デザインパターンを学ぶ必要があるか?

一言でいえば
  • プログラマーやSEの間での円滑なコミュニケーションを実現するため
と なります。デザインパターンで取り上げられるパターンは、プログラム経験がある人なら自然にやっていることです。ただ、それを説明するときに、「ほら。。 あれあれ、あの方法だよ。。。」って日本語を駆使しなくても、一言で言えるようになるというのがデザインパターンの狙いです。ただし、別の見方もできま す。プログラム初心者にとっては
  • 世間一般で言われている定石パターンをてっとり早く知ることができる
という利点もあります。この講義ではすべてを取り上げませんので、講義後も自発的に学んでいくことをお勧めします。ただし、ある程度のプログラム経験がないと、ピンとこない話が多いと思います。
サブページ (1): Factory Method パターン
Comments