JDOM入門 ~XMLファイルを 読み込む・書き出す~

1.XMLファイルの読み込み
既存のXMLファイルを読み込む場合は,下記のように記述する.これにより,そのXML文書のルートが root として設定されることとなる.

import java.io.File;
import org.jdom.Element;
import org.jdom.Document;
import org.jdom.JDOMException;
import org.jdom.input.SAXBuilder;

public class Main {
 public static void main(String[] args) {
  try {
   Document doc = new SAXBuilder().build( new File("z:\sample.xml") );
   Element root = doc.getRootElement();
  } catch (JDOMException e) {
   System.out.println(e);
  }
 }
}


妥当性チェックの方法
XMLSchemaなどを参照して妥当性をチェックする場合は、以下のように、Validationの設定をしておく必要があります.

SAXBuilder sb = new SAXBuilder();
sb.setValidation(true);
Document doc = sb.build(new File("test.xml"));

2.XML ファイルの書き出し
メモリ上にある JDOM の Document を XML ファイルに出力することが可能である。下記のリストに XML ファイルの書き出し例を示す。

リスト XML ファイルの書き出し例
XMLOutputter out = new XMLOutputter(“”, true, “Shift_JIS”);
FileWriter writer = new FileWriter(new File(z:\sample.xml));
out.output(doc, writer);
writer.close();

上のプログラムを実行すると doc として作成された XMLドキュメントが c:\ sample.xml ファイルに出力される。



謝辞
本ページのコンテンツは,橋本直紀君(2003年度学部卒業生)の卒業論文を参考にしている.


Comments