JDOMとは

「 JDOM 」は、 Javaプログラムから XML 文書へのアクセスを容易にするオープン・ソースの API である.
JavaはXML 文書にアクセスする標準クラス JAXPがすで存在するが ,JDOMはJava から XML 文書にアクセスする際の敷居が低くなるよう工夫されている。言い換えるとJava プログラマーにとって使いやすい API であるわけで, たとえばJava のメソッド・オーバーローディング機構や Collection API をフルに活用し、 Java に特化した機能を提供している。また、内部処理にリフレクションを利用するなどの工夫も施している。
これにより、 XML の利用経験が少ない開発者でも、すぐれた生産性と開発時間の短縮化を実現できる。

また,JDOM は、 Simple API for XML ( SAX )や Document Object Model ( DOM )といった従来の API もサポートしている。 DOM や SAX を通じて XML 文書の入出力を行う既存のプログラムとのシームレスな連携も可能だ。 JDOM は、 DOM よりも高速に動作しており、 SAX と変わらぬパフォーマンスや 大幅に上回る機能性を提供している. 

JDOM1.0変更点覚書

JDOMは1.0とそれ以前では微妙にメソッドが変わっていたりします.昔の資料とか読んでるとコンパイルエラーになりますので,注意.以下は,その変更箇所の覚書です.私自身が個人的に見つけたところだけですので,ほんとはもっとあるのかもしれません.

  • org.jdom.input.DefaultJDOMFactory → org.jdom.DefaultJDOMFactory
  • new XMLOutputter(" ", true, "Shift_JIS") → new XMLOutputter()
  • #Element.getParent() → #Element.getParentElement()
Comments