パッケージ管理

Unixでソフトのインストールっていったら,昔はtarボールをとってきて,Makefile編集して,コンパイル...あ,エラーがでた!っていう感じでしたが,今はそんな時代ではありません.

ソフトウェアはパッケージ化されて,コマンド一発でインストールできてしまいます.代表的なパッケージにはrpmがあります.rpmコマンドをいろいろ使うこととでソフトのインストールや更新はラクラクです.

もっと最近は便利になって,rpmコマンドすらつかわなくてもいい時代になってます.
パッケージ管理ソフトというのがあり,パッケージの依存関係を含めて自動的に調査し,適切なパッケージを自動的にダウンロードして,自動的にアップデートしてくれます.

RedHatLinuxであれば,
up2dateというコマンドがありますが,正規に購入しないとだめです.お金がかかります.

フリーのrpm管理ソフトとしては,
・apt
・yum
があります.これらを使いこなせば,たえず新しいバージョンにすることができます.

基本的なrpmコマンドオプション
rpmコマンドを利用して、手動で管理することもできます。とりあえず下記のことぐらいは覚えておきましょう.

-ivh :インストール
-uvh:アップデート
-e   :アンインストール

SRPMからのリビルド
rpmbuild --rebuild xxx.src.rpm

リビルドしたRPMファイルは、Red Hat Linuxは/usr/src/redhat/RPMS/i386/に保存されます.



パッケージを探すには
下記のサイトが参考になります。



Comments