ラボ講座‎ > ‎Visual C++講座‎ > ‎

httpclient



ブラウザコントロールを利用する
C++でもブラウザコントロールを使うことで簡単にウェブブラウザを作成することができます.方法は2つあります.一つは,HTMLViewをベースにし たウィンドウクラスを作成しておく方法と,もう一つはブラウザコントロールをフォームに貼り付ける方法です.以下は後者についてです.
フォームビュークラスを利用した場合の利用手順(概要)
1. フォームの上で右クリック
2.ActiveXを追加を選択
3.Microsoft Web Browser Controlを選択
こ れで,フォームの上にコントロールが貼り付けられたはずです.C#やVBとかだったらここでOKなんですが,C++では次の操作が必要です.
4. ブラウザコントロールの上で右クリック.
5.変数の追加を選択
この操作は,ブラウザコントロールをクラス変数として定義することを意味し ます.これをしないと,コード上でブラウザコントロールを呼び出せないんですよ.(これを理解するのに時間がかかっちゃいました...)
6.ブラ ウザコントロールに対応するクラス変数を定義.これでクラス内でつかうことができます.
例えば,以下のように呼び出すことができます.


wbCtl.Navigate("http://www.yahoo.com",NULL,NULL,NULL,NULL);


Comments