ソートアルゴリズム

ソートとは?

複数のデータを,ある特定の規則に従って並べ替えること.整列とも言う.ソートはExcelでよく目にするように,コンピュータでデータ処理する際にもっ とも使われる機能である.

  • 昇順 ・・・ 小さいものから大きいものへ
  • 降順 ・・・ 大きいものから小さいもの

代表的なソートの種類

バブルソート(単純交換ソート)

  • 隣同士のデータの大小を比較
  • もし,右が小さければ交換
  • ポ インタを1つ左にずらす(「原列」の左端まで続ける)

単 純選択ソート

  • 「原列」から一番小さいデータを探す
  • 見つけた ら,「目的列」の右端に挿入

単純挿入 ソート(シャトルソート)

  • 「原列」にあるデータを「目的列」の適切な位置へ挿入する
ク イックソート
  • 高速なソートアルゴリズムの1つ。
  • 枢軸となる値を決定し、その値より大きいデータ、小さ いデータに分けていく。

    → 詳細
ヒープソート
  • ヒープ:親>子の構造を持つ2分木
  • ヒープ構造の2分木の考え方を応用
  • 配列構造で2分木を表現

    詳細




用語の注意事項

ソート対象の配列を「目的列」「原列」のと表現することがあります.

  • 目的列 ・・・ 並び変えた最終の列
  • 原列 ・・・  元の列

つまり,初期状態ではすべてのデータは「原列」で列の左側からだんだんと目的列になっていくと考えればよい.(最終的には,すべての データが目的列になる)