Androidプログラミング講座

ここでは、Googleが提供するAndoidOSで動作するアプリケーションの開発のための情報を掲載します。当面メモ書きになります。

コンテンツがまだ十分整理できてません。

おちラボの研究開発BLOGにちょくちょく挙げてますので、そちらも御覧ください。

Activityについて

Activityとは、Androidアプリにおける画面のことを指します。まずこれを操作できないと話になりません

Activityの作成

下記のようにActivityクラスを継承し、onCreateメソッドをオーバーライドしてください。

public class testActibity extends Activity {


@Override

public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {

super.onCreate(savedInstanceState);

setContentView(R.layout.main);//Layoutファイルの呼び出し

}


}

AndroidManifest.xmlへの追加

上記クラスを作成しただけでは、Androidアプリで使うことはできません。マニュフェストにも宣言を書いておく必要があります。必要最低限の情報は以下のとおりです。デフォルトのActivityについてもここに記述されていますので、起動するActivityを変更したい場合はこのファイルを編集してください。

<application>
いろいろ書いてある
    <activity android:name="testActibity"></activity>
</application>

レイアウト設定ファイルについて(layout/***.xml)

Androidでは、GUIのレイアウトについては

  • Javaファイル内で直接 newする
  • xmlファイルで定義する

の2種類の方法があります。近年の主流としては後者のxmlを利用して定義するのが一般的です。Androidのサンプルコードでもデフォルトのlayoutファイルが用意されておりそれを呼び出しています。

Activityの呼び出し方法

デフォルトのActivityから新たなActivityを表示するには、以下の3種類の方法があります。

【クラス名を指定する方法】

Intent intent= new Intent(this,testActibity.class);
startActivity(intent);

【パッケージ名で指定する方法】

(準備中)

【暗黙的呼び出し】

(準備中)

Activity間でのデータの授受

【親から子へ渡す】

intent.putExtra("属性","値");

【子供側から受け取る】

Intent intent getIntent();
result = intent.getXXXXExtra("属性");

ここでのXXXには受け取る側の型によってことなります。

【子のデータを親が受け取る】

子からのデータを親が受け取りたいときは、startActivityForResultメソッドでActivityを起動(呼び出し)しておきます。

呼び出した子Acivityの処理が終わり、自分の画面に戻ってくると、onAcrivityResultメソッドが呼ばれますので、そこで子から受け取ります。この持っているデータは、Intentに入ってます

   //子アクティブティを起動する
   startActivityForResult(intent, SUB_ACTIVITY);
   
    @Override
protected void onActivityResult(int requestCode, int resultCode, Intent data) {
if(requestCode == SUB_ACTIVITY) {
if(resultCode == RESULT_OK) {
// 結果を取得して, 表示する.
text.setText(data.get********Extra("keyword"));
}
}
}

UIクラス

ファイル処理

ファイルアクセスを許可するため、AndroidManifest.xmlに以下のタグを追加します。

<uses-permission android:name="android.permission.WRITE_EXTERNAL_STORAGE"/>

画像処理

サウンド処理